バッチ フラワーレメディー

仁徳堂ではバッチフラワーレメディーのトリートメントボトルの販売のみで、

バッチフラワーレメディーを主としたカウンセリングは行っておりません。

バッチフラワーレメディを詳しく学びたい方は下記を参照してください。

使い方はとても簡単でシンプルで、とてもやさしく働きかけてくれるもので、

害や副作用、依存性・習慣性などはありません。

 

他の自然療法との併用や、通院中・服薬中の方も使うことができます。

赤ちゃんからお年寄りまで老若男女問わず、そして、植物やペットにも使うことが出来ます。

 

バッチフラワーは玉ねぎの皮むきのようなもの

 

深層のネガティブな思考をリリースするのがカウンセリング

表層のネガティブな感情をリリースするのがバッチフラワーレメディーです。

バッチフラワーレメディは、今感じている「感情」に対して選んでいきます。
飲んでどのように感じるか、どのように変化がでてくるかは個々の状態により多様ですが、薬のような働き方ではなく、 私たちのネガティブな「感情」に対して、穏やかに働きかけます。
表層に表れていたネガティブな感情が取り払われることで、その下に書隠れていた 別の感情を新たに感じることもあります。

私たちの感情はタマネギの層のような状態で、新たな層が現れたらその新しい状態に対し、レメディの組み合わせを変えて選んでいきます。

この皮むきの効果は緩やかで、通常何枚もの層を1度にはがされることはありません。

 

バッチ博士のフラワーレメディ

バッチ博士のフラワーレメディとは、
1930年代にイギリスの医師であり細菌学者・病理学者・ホメオパシー医でもあった
エドワード・バッチ博士によって完成された心や感情のバランスを取り戻すための植物や岩清水から作られたシステムです。

バッチ博士は、病気は、精神や心の不調和から起こると考え、野生の植物に心や感情を癒す力があることを発見し、1936年に38種類のバッチ博士のフラワーレメディを完成させました。

イライラ、落ち込み、ショック、怒り、不安、迷いなど誰でも感じうる心の状態に対して、38種類のボトルから7種類までを選ぶことによって、無理や副作用もなく本来のバランスのとれた状態に戻してくれます。

現在では、広く世界70カ国もの医療関係者から一般の人々にまで使われています。

バッチ博士のフラワーレメディは精神や感情の状態に作用させるもので、体の症状に直接働きかけるものではありません。

「病は気から」と言われるように、バッチ博士のフラワーレメディを飲み精神状態が良くなることによって、免疫力が高まり、より健康になったという例は今までに数多く報告されてきました。自分の性格や今の精神状態をとらえ、ふさわしいバッチ博士のフラワーレメディを選んで飲むことによって、病気を予防し、心を平安な状態に保てるよう導かれるでしょう。

バッチフラワーレメディーの知識を覚えて

いろいろな場面で活用しませんか?

推奨提携ティーチャー

日本バッチフラワーレメディーセンター認定

ベーシックコース・アドバンスコース

 

Shion式ナチュラルビューティーサロン

志音~shion~

 

NLPミレニアムジャパン認定ライフチェンジ®コーチ

日本フラワーレメディセンター認定セラピスト

日本フラワーレメディセンター認定講師

米国NLP協会NLPマスタープラクティショナー

BFR加圧認定トレーナー

ダヴィンチボディボード認定トレーナー

​ライトピラティス認定インストラクター

NARDアロマテラピー協会アロマセラピスト

赤ちゃんの発達マスター

https://www.shionnaturalbeauty.com/

現在、オンラインセミナー対応してます。

基本的には横浜での開催です。

4人以上の人数が希望する場合、浜松市内での開催も可能です。

お問い合わせ

静岡県浜松市中区富塚町4439-2

​​

TEL: 090-6646-6120

info@jintokudo.com

  • Facebook